無地Tシャツの比較をしておすすめのTシャツを見つけるサイト

無地市場のおすすめの無地Tシャツの比較

HOMEこれをみればTシャツについてまるわかり無地のTシャツの通販

無地Tシャツを比較してさまざまなブランドのお勧めの1枚をみつけよう。


国内外の主要メーカーの提供している無地Tシャツのブランドを、実際に着用し比較をしていきます。厚め・薄め・大きめ・小さめなど好みは人それぞれ異なりますが個人的には薄めで肌さわりがよくタイトな作りを好みます。ただし、Tシャツとしてどうかという点でそれぞれを比較しております。



Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ
Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ
Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ
Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ
Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ
Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ Tシャツ







DALUC ダルク

DALUC Tシャツ素材:DM001
生地の厚さ:4.3oz.(薄い)
個人的にはおすすめの無地Tシャツ。薄くスタイリッシュな作りである。糸はコーマ糸を使用しており、毛羽たちが少なく肌さわりは抜群に良い。主にDALUCというブランドの無地Tシャツは30番手の細い糸を使い織られており、薄く滑らかに仕上がっています。 色展開も多色にわたっており、サイズ展開も豊富で首リブも細い。洗濯の耐久性はさほど強くはないが、500円前後のコストパフォーマンスは抜群である。ただ、もう少し欲を言えば、首元をもう少しゆったり目のUネックにしてほしかった。



Print Star プリントスター

プリントスター Tシャツ素材:085-CVT
生地の厚さ:5.6oz.(中厚)
プリンタブルというプリント用ボディの意味合いの造語を作った、日本国内で一番出ているという無地Tシャツ。耐久性や価格、色数・サイズの全ての総合でもっともベストといえるTシャツではないでしょうか。 作りはキングオブ・ベーシックで老若男女の誰もが、まぁこのTシャツならいいのではないでしょうか?と思える作りだと思います。丈・袖・幅も長すぎず短すぎず、コンサート等のイベントから個人ブランド、アパレルブランドでも多く使われているボディです。



United Athle ユナイテッドアスレ

ユナイテッドアスレ Tシャツ素材:5942
生地の厚さ:6.2oz.(厚)
タフネス&ニュースタンダードTシャツという称号を与えても良いくらいにここ数年で劇的に販売数・認知度・人気度を伸ばしたユナイテッドアスレの無地Tシャツ。 街角のショップでもおすすめとして販売されており、それぞれのTシャツとの比較にされる高品質の1枚。価格帯は700円前後と少しだけ高めの設定ではあるが、まず第一に生地は一度水洗いをしており、洗濯により縮みが極端に少ない。首リブは今では定着しているダブルステッチと採用し、海外物に良くありえる洗濯後の首リブのだらしない伸びが無い。 ただ、以前まではカラー数も50色近く、サイズも15サイズほどあったが、いまでは30色程度、サイズも8サイズ程度まで落ち込んでいる。綿花の上昇によるコストアップが影響していると言われている。個人的には長く愛用できて、5年は着用でいる1枚であると思う。





ANVIL アンビル

アンビル Tシャツ素材:979
生地の厚さ:6.1oz.(厚)
個人的にはあまりおすすめは出来ないが、世界でもっとも認知されているのではないかというTシャツ。海外物特有のゴワゴワ感(ざら感)厚手の生地に大き目のサイズ。ただし、海外物の縫製の適当さも見受けられる。 それもまた味であると思われるファンも多いが、日本人の繊細さ細かさにはあまり受け入れられないのではないでしょうか?同じサイズでも大きさにばらつきがあったり汚れがあったりと、販売店泣かせの商品である。首リブも洗濯後は伸びやすい。 よく海外の方がだらしなく、首リブが伸びきったTシャツを着用しているのを見ますが、あんな感じです。



GILDAN ギルダン

ギルダン Tシャツ素材:T2300
生地の厚さ:6.0oz.(厚)
上記のアンビルTシャツに似たり寄ったり。北米でのシェアNo.1のギルダンは主にカレッジ向けに作られていると聞きます。個人的な意見ではアンビルほど縫製など悪くは無いように感じるが、日本の会社が規格したものに比べると落ちるかなと思います。それほど日本の会社の企画したものはいいものが多いといえます。



glimmer グリマー

グリマー Tシャツ素材:158-HGT
生地の厚さ:6.6oz.(極厚)
廃番商品の為、販売されている在庫は少ない商品だが、めちゃくちゃタフネスTシャツ。さわって分厚いと感じられ、着用してごわごわしている感じがある。 作りはプリントスターの085-CVTに近い形で厚さだけ異なるに近い。廃番の後継はプリントスターから158-HGTという型番になる。このTシャツは厚さ6.6オンスでグローバルスタンダードを目指すために開発された1枚。本場アメリカ風のシャリ感を味わえるオープンエンド糸使用。



Touch and Go タッチアンドゴー

タッチアンドゴー Tシャツ素材:SS1030
生地の厚さ:6.5oz.(厚)
もともとはプリントを専門に行っていた業者が自分たちに合うプリント用のTシャツボディを作ったことから生まれたと聞いている。プリント屋が作ったので、プリントのインクが乗りやすかったり2次加工に向いているTシャツボディです。形やカラー展開などはユナイテッドアスレの5942にどことなく似ている気がします。 生地も厚く、値段も安いのでコストパフォーマンスに優れている。ただ、個人的にはこれぞというインパクトに欠けるTシャツの印象がある。



Jellan ジェラン

ジェラン Tシャツ素材:092-MJT
生地の厚さ:6.2oz.(厚)
ユナイテッドアスレ5942Tシャツの対抗馬としてこのTシャツがあげられる。コーマ糸を使い滑らかな肌さわりで、日本人の体形に合わせた、少しタイトな仕上がり、豊富なカラー・サイズ展開。しっかりとした首リブに縫製。 生地も厚い中のTシャツでは好きな部類です。ヴィヴィットなカラーも多く、オシャレに着こなせる無地Tシャツの栄光を送りたいと思います。



rucca ルッカ

ルッカ Tシャツ素材:1033
生地の厚さ:4.1oz.(薄い)
もともとはluccaというブランドで立ち上げたのが最初だったが、いろいろな大人の問題によりruccaの表記に。ルッカはレディースに特化したブランドでかわいらしい女性をコンセプトにあげられます。 個人的に好きで、XLサイズのルッカのTシャツを着用していますが肩幅だけ少しきついですが着用できます。吸汗速乾にUVカット、首の開き具合などきれいなシルエットになるように作られている。 レディースの無地Tシャツでは今後スタンダードになって行くのではないでしょうか。



FRUIT OF THE LOOM フルーツオブザルーム

フルーツオブザルーム Tシャツ素材:T3930
生地の厚さ:5.0oz.(中厚)
知り合いのお土産でこのTシャツにプリント加工されたものをもらったことがありその時の感想になりますが、まずこれもアンビル系に似ています。独特のシャリ感(おそらくリングスパン)があり、大切に洗濯していたが首リブは半年くらいで伸びてしまった。 ただし、個人的には袖が長めに作られており好きな袖の長さであった。フルーツオブザルームではT20230の型番の6.1ozロフティーズTシャツが販売されており、首元のダブルステッチや縫製がしっかりしているTシャツも販売されている。



United Sports Headline ユナイテッドスポーツヘッドライン

ユナイテッドスポーツヘッドライン Tシャツ素材:T1180
生地の厚さ:6.2oz.(厚)
やはりこれもアンビル系統のTシャツに分類される。洗濯に強くなく首リブは伸びやすいしお勧めできる要素はあまりなく思う。これなら、アンビルやギルダンを買っておいた方がましではないかと感じてしまう。











Copyright (C) 無地Tシャツの比較|おすすめの無地Tシャツ. All Rights Reserved.